クレジットカード現金化の正しい方法と使い方の説明

正しい方法のクレジットカード現金化の方法をご紹介

正しい方法のクレジットカード現金化の方法をご紹介

 

「クレジットカード現金化」という言葉を聞いたことはないでしょうか?
これは、契約しているクレジットカードのショッピング枠として設定されている買い物可能な金額を利用し、その枠を現金に変える方法です。

 

ただ、厳密に言えばこのクレジットカード現金化はカード会社の規約違反に該当してしまいます。
と言っても発覚すれ利用者が逮捕されるようなものではありません。

 

過去にクレジットカード現金化を商売としていた業者が逮捕された例はあるようなのですが、その利用者側が逮捕されたという話は聞いたことがありません。

 

利用者にとっての最悪のケースというのは、使用しているクレジットカードが強制的に止められてしまったり強制的に解約させられたりすることです。
クレジットカード会社としては規約違反である現金化を認めておりませんので、そのような目的で利用された人が入れば強制的に利用を停止することができるのです。

 

いきなり止められるようなことは無くても、その利用方法についてカード会社からヒアリングの電話がかかってくることもあるようです。
最近では、クレジットカードの現金化を含めた不正利用が問題になっているため、カード会社としてもそういった利用がないように目を光らせているのです。

 

ただし、クレジットカード現金化のサービスを提供している業者は、それをカード会社に分り難いようなやり方で行っているため実際に発覚することは少ないと言えます。
もしカード会社からカードの利用に関しての問い合わせがあっても「正当な買い物」と主張することで強制的な利用停止等の処分は免れる場合が多くあります。
では、具体的にはどのようにして現金に変えるのでしょうか。

 

 

クレジットカード現金化の方法2選

クレジットカード現金化の方法2選

 

その方法は大きく分けて2つあります。
1つ目が「キャッシュバック方式」と呼ばれるものです。

 

クレジットカード現金化の業者が商品を準備し、それを利用者が購入します。
購入した商品にはキャッシュバックを設定されており購入した人はキャッバックで現金を受け取るというカラクリです。

 

実際に購入した商品が届くので、実はキャッバック目的の買い物であったとしても「正当な買い物である」と主張することができるのです。

 

デメリットとしては、あまり換金率が期待できないことでしょうか。
このキャッシュバック方式によって、換金率が90%以上というのはあまり聞いたことがありません。

 

2つ目が「商品買取方式」です。
クレジットカードでギフト券新幹線の回数券などを購入し、それを買い取ってもらうやり方です。

 

リアル店舗では買い取ってもらえないようなタイプのものでも、まずまずの現金化が期待できます。

 

前述の「キャッシュバック方式」と比べると、商品にもよりますがかなりの金額での売却が可能になります。

 

商品や日によって大きく変動しますが、90%以上という換金率で現金化をすることも可能です。
ですので、単純に多くの現金を手元に残したいのであれば、断然「商品買取方式」がおすすめです。

 

しかし、店舗型の現金化業者や自分で行う現金化でがクレジットカードが利用停止になってしまう可能性があるので充分に注意してください。

 

注意点としては、月に何度も金券等に該当する商品を購入しているとその履歴が目立ってしまう可能性があります。

 

また、普段クレジットカードを全く使用しない人が、何十万円もの金券を購入するのも少し危険です。

 

悪質業者と優良業者のサービスの相違

悪質業者と優良業者のサービスの相違

 

どちらの方法を選択するにしても、まず利用される業者への登録が必要になります。

 

身分証明書の提出が求められますが、これはどこでもでも求められるものです。
同じところで、2回目の利用をされる場合は省略されますが初回の場合は必要になります。

 

大事な個人情報を提出するので、信頼できるところを選ぶことが大事です。
そういった意味では老舗と思われるところは安心感が何割か増しかもしれません。

 

その他、実際に取り引きする際の選定ポイントとしては申込み時に聞いている換金率と、実際に受け取ることができる金額の差が挙げられます。

 

あまり良くない業者だと、何かしらの理由をつけて当初に言っていた金額よりも大幅に減らそうとしてきます。

 

また申込み時に、どれくらいの金額を受け取ることができるのかを確認しても曖昧な返答が返ってきます。
ただ優良なところであれば最初から具体的な金額を教えてくれて、実際に振り込まれる額と差異が全くありません。

 

例えば、Amazonギフトカードや、iTunesカードなどを買い取ってくれるところだと、ホームページに具体的な買い取り率も掲載してくれています。

 

いずれのやり方にせよ、どんな信頼できそうな取り引き先であるにせよ、最悪の場合はクレジットカードが使えなくなることを覚悟しなければなりません。
それでも、そのリスクをおった上でクレジットカード現金化をする際には、カード会社にそのような利用方法がバレないように注意することと、取り引きを行う業者がが信頼できるかどうかを選定しましょう。

 

そして、実際に受け取れる金額が多くなるような方法を選ぶことが大事です。

 

優良現金化業者の調査方法

優良現金化業者の調査方法

 

では、優良業者はどうやって選べばいいのか?という所ですが、簡単な調査方法は現金化業者の比較サイトです。
比較サイトでは、優良の業者調査しランキングにしている事が多く、その業者の詳細情報も記載されている事が殆どです。

 

しかし、比較サイトにも良し悪しがある為、利用する比較サイトは充分に注意しましょう。

 

そこでご紹介するのが、当サイトが調査した優良の業者になります。
どの業者にするかお悩みの方はこちらをご確認ください。

 

最新更新日2017/3/13
page top